人財マネジメント
ソリューション

効果的・継続的な人財マネジメントの
仕組みづくりを。

立場・セクションによって目的と手法が異なる人財マネジメント。
社内に散在している人財情報を経営判断に有効な情報をして活用していく環境づくりを実現します。

WHY iTICE / HERO?iTICE/HEROが選ばれる理由

OUR PRODUCTS人財マネジメントのあらゆるシーンで効果的かつ継続的に活用いただける仕組みをご提供

人財活用支援システム

「個人」「組織」「変化」を捉え、経営課題の本質を把握

人財の「見える化」には経験・資格・評価などの顕在情報だけではなく、「自立的」「献身的」といった行動特性や、キャラクター、モチベーション等の潜在情報も併せて把握することが必要です。iTICEでは「個人」、その集合体である「組織」、そして「変化」を見える化することで、人財における課題の本質を掴むことができます。

3つの「見える化」で的確な
人財マネジメントを実現

個人が見える

適性試験や、アセスメント評価、キャリアプランなど、企業内に顕在する人財情報を集約して人財プロファイルシートを作成。個人のプロファイルから育成ポイントを見つけることができます。

組織が見える

スキルバランスや業績結果などをレーダーチャートやプロットグラフで表示し、組織全体の状況を明確化。組織分析と改善のポイントを抽出することができます。

変化が見える

人財データを継続的に蓄積し、比較することでスキルや個人特性の変化を捉えることができます。

より詳しい情報はこちらから

目標管理・コンピテンシー評価・キャリア申告

目標管理、コンピテンシー評価、キャリア申告により、
個人と組織の育成をサポート

従業員の目標設定・評価やコンピテンシー評価をシステム化し、部門内における事業目標の共有や、公平な評価の実現、および迅速なフィードバックを可能にします。さらに、各種評価や情報などを確実に蓄積し、人財マネジメントに有効活用することができます。

目標を明確に設定し、達成度を測る

事業戦略に基づき、従業員自らが目標を設定、施策・進捗状況を部門で共有
評価者の評価実施レベル均質化し、公平性を確保
自己のキャリアデザインで「やること・やりたいこと」の明確化
人財活用支援システム「iTICE」と連携し、人財の見える化を促進

より詳しい情報はこちらから

CASE STUDIESこのソリューションの導入事例

さわやか信用金庫 様
現在の保有スキルと成長の推移を客観的視点から把握。人材の早期戦力化と、個々の能力を最大限に活かす組織づくりにiTICEを活用。
導入事例一覧を見る